鏡の施工方法③(大型鏡の施工方法)金具とミラーマットの併用

鏡の販売.COM

鏡のご注文・お見積り・ご相談は
0120-12-5509
営業日時:月曜~土曜日 9:00~18:00

ホーム > 鏡の取り付け方法 > 鏡の施工方法③(大型鏡の施工方法)戻る

鏡の施工方法③(大型鏡の施工方法)

ツメ金具とミラーマットを併用した施工方法 大型の鏡に

金物(ツメ金具)とミラーマットという鏡専用の両面シールを併用した施行方法で、ツメ金具のみやミラーマットのみの施行に比べて、約21kg程度と大きめの鏡に耐えることが出来る施行方法です。

鏡の推奨サイズ 〜21kgの大型の鏡 
※900×1800mm厚み5mmの鏡で約21kgになります
使用部材 ①ツメ金具 ②速乾ボンド ③ミラーマット
使用工具 +(プラス)ドライバー
施工難易度 ★★★☆☆ 普通
注意 900×1800m厚み5mmの鏡で重量が約21kgになります。それ以上大きな鏡は落下の恐れがある為、鏡の施行方法④の特大鏡の施行方法をお薦め致します。
備考 ツメ金具・付属のビスは錆びにくいステンレス製です。錆びにくい為、長持ち安心でご使用いただけます。

■大型鏡の施工方法の動画

■動画を見ることが出来ない方は写真でどうぞ!

①鏡を貼り付ける位置に印を付けます。 ②金具を取り付ける位置に印を付けます。 ③下側の金具をしっかり固定します
④上側の金具はスライド出来るように軽く固定します。 ⑤鏡の内側、約10cmにカッター等で壁紙に切込みを入れます。 ⑥鏡がしっかり貼れる様に、壁紙を剥がします。
⑦ミラーマットを貼る位置に印を書きます。 ⑧ミラーマットの位置に速乾ボンドを塗ります。 ⑨ボンドが乾いたらミラーマットを貼ります。約1、2分で乾きます。
⑩下の金具に鏡を載せ、左右の位置を合わせます。 ⑪鏡を押さえつけマットに貼り付けます。 ⑫上側の金具をスライドさせて固定します。
⑬完成です。

使用部材

ミラーマット
4枚入り 300円(税別)
8枚入り 500円(税別)
速乾ボンド(170ml)
800円(税別)
ツメ金具
4個入(ネジ付き)
400円(税別)
鏡専用の両面粘着シールマットです。軽量な鏡でしたら、速乾ボンドと合わせることで十分な強度があります。1㎡(平米)あたり約8枚が目安です。 壁の下地強化をする為のボンドです。ミラーマットの粘着強度を最大限に発揮させる為に必要です。 ステンレス製で強度の高い鏡専用の金具です。ミラーマットと合わせて使用することで大型の鏡の取り付けが可能です。
ステンレス製のビスで錆びにくいから長持ち・安心

当社のツメ金具とビスはステンレス製です。そのため、錆びにくくなっていますので、長持ち安心でご使用いただけます。
※他社はステンレス製のツメ金具に鉄製のビスを付ける事が多いです(当社調べ)。鉄製は錆びやすいため、ステンレス製のものをオススメします。

大型鏡の施工方法 Q&A

Qツメ金具やミラーマットや速乾ボンドのみで販売して頂けますか?

Aこちらで紹介した部材も販売しています。

ツメ金具(4個入,ネジ付き)
400円(税別)
ミラーマット(鏡専用強力両面テープ)
8枚入り 500円(税別) 4枚入り 300円(税別)
速乾ボンド(170ml)
800円(税別)

ご注文は0120-12-5509までお気軽にどうぞ!


Qさらに大きな鏡はどのように施行すればいいですか?

A鏡の大きさや用途により最適の取り付け方がことなります。鏡の取り付け方(一覧ページ)をご覧頂き、お客様のご要望の大きさの鏡の取り付け方法をご覧下さい。


Q鏡の重量の求め方を教えてください

A鏡の比重はガラスと同じ2.5になります。幅、高さ、厚みから鏡の重量を求める、鏡の重量計算機を作りましたので、そちらを利用し鏡の重量を計算してみてください。


Q自分で「大きな鏡」を貼り付けできるか心配です

A二人で作業を行えば、女性でも貼り付け可能です。当社の若い女性スタッフ2名に、大型ミラーを貼り付けて貰いました。その時の動画を撮影しましたので、ご心配の方は一度ご覧下さい♪

①梱包の開封! ②ミラーマットの貼り付け!
③貼り付け位置の確認! ④鏡を貼り付ける!

「鏡の施工方法」に関するご相談も気軽にどうぞ!

ホーム > 鏡の取り付け方法 > 鏡の施工方法③(大型鏡の施工方法)戻る