鏡の販売.COM カガミのプロが教える姿見の失敗しないサイズ選び

鏡の販売.COM
鏡のご注文・お見積り・ご相談は0120-12-5509

ホーム > カガミのプロが教える姿見の失敗しないサイズ選び戻る

姿見の失敗しないサイズ選び

鏡の販売をしていると、姿見を購入する際にどれくらいのサイズが姿見として適しているかというお問い合わせがよくあります。そこでこちらでは「姿見のサイズの選び方」や「適切な設置場所」についてカガミ販売のプロがお伝えします。

姿見

全身が映らなければ、
姿見ではない…

そもそも『姿見~すがたみ~』とは、『全身を映して見るための、大型の鏡』の事をいいます。つまり、全身が映らなければ姿見ではなく、ただの鏡になってしまいます。

全身が映らない鏡

それでは、全身を映すためには、
最低どれくらいのサイズが必要なのでしょうか?

STEP1 : 幅

幅は45cm以上を

まずは姿見の幅からです。全身を映すには、肩幅より広い方が好ましいでしょう。日本人の平均で考えると、45cm以上が適しています。

肩幅より広いサイズが良い

幅が狭いと
見切れる場合も…

姿見の高さが充分であれば、45cmより狭くても全身は映りますが設置する場所などによっては、全身が見えにくい場合もあります。設置する場所やご予算に合わせて、幅をご検討ください。

幅が狭いと見切れる鏡

STEP2 : 高さ

高さは120cm以上を

高さに関しては、設置をする位置にもよりますが、120cm以上あれば全身を映すことが可能です。

120cm以上の姿見

身長より低いと全身が見えないのでは?と気にかける方もいらっしゃいますが、上から覗き込む角度になっていれば、足元まで見る事ができます。こちらは、姿見の設置する位置にも関係してきます。

角度によって足元まで覗き込める

STEP3 : 設置

設置は床から180cm

高さは姿見の上が床から180cmぐらいの位置で、姿見との距離が1m程確保できる場所が好ましい位置になります。

床から180cmぐらいの位置、1mほど確保

低いと上が見切れる…
近すぎると見づらい…

せっかく充分な大きさで姿見を購入したのに設置する位置が適切でないと、全身が満足に見えない場合もありますのでご注意ください。

低くて近すぎて見切れる

STEP4 : まとめ

それでは、おさらいしてみましょう!

姿見
サイズ … 幅 : 肩幅(45cm)以上 / 高さ : 120cm以上 設置の位置 … 設置高さ : 床から180cmくらい / 距離は : 1mほど確保できる所

さらに…

大きなサイズの姿見を設置すると部屋が広く見えたり、スタイリッシュなイメージになります。
模様替えなどお部屋の雰囲気を変えるのにも、ご利用されてみてはいかがでしょうか?

大きなサイズの姿見はインテリアにも最適!

鏡の販売.COMでは、
様々なサイズの姿見を取り揃えております。

これまでをご参考に、最適な姿見をお選びください!

高さ120cm

ロータイプ

※イラストは、床から180cmの高さに設置した場合を想定しています。

ロータイプのラインナップ

高さ150cm

ミドルタイプ

※イラストは、床から180cmの高さに設置した場合を想定しています。

ミドルタイプのラインナップ

高さ180cm

ハイタイプ

※イラストは、床から180cmの高さに設置した場合を想定しています。

ハイタイプのラインナップ

オーダーにより、
もっと大きなサイズのご注文も可能です。

お電話での「ご注文」や「お見積り」もお気軽にどうぞ!

ホーム > カガミのプロが教える姿見の失敗しないサイズ選び戻る