「浴室鏡のウロコ汚れが取れない」「ダンススタジオで使用していた鏡が割れてしまった」とお悩みの方はいませんか?今回は「片長チャンネル」を使用して取り付けられている場合の鏡の交換方法を紹介していきます。

片長チャンネルって?

片長チャンネルは、ダンススタジオやジムなどの大型の鏡や連貼りの鏡、浴室や洗面所の鏡によく使用されている鏡専用の取り付け金具です。取り付け金具が「片長チャンネル」の場合は、ぜひこちらの交換方法で取り付けを行ってみませんか。

実際に鏡を交換してみた!

実際に片長チャンネルを使用されている鏡を交換していきましょう!準備するのものはこちら。基本的にピアノ線での鏡取り外しをオススメしていますが、ピアノ線で取り外しができない場合は、ガラスカッターやドライバーなどを使用して鏡をカットして剥がしていきます。

準備するもの
  • 鏡用取り付け部材 (ミラーマット、速乾ボンド、ミラーボンドなど)
  • ピアノ線 (弊社で無料にてご用意しております)

ピアノ線で取り外しができない場合

  • ガラスカッター
  • ドライバー
  • ハンマー
  • ヘラ

動画でも紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

1. 壁から鏡を外す

はじめに上側の片長チャンネルをあげておきます。浴室鏡の場合は、チャンネルにシリコンが打たれていることがありますので、カッターでカットしてください。

片長チャンネル交換方法(1)

ピアノ線を使用して鏡を外す場合

鏡はミラーマットやミラーボンドといった鏡専用の接着剤で貼り付けられているため、こちらを壁から切り離していきます。

壁と鏡の隙間にピアノ線を入れて、左右に引きながらマットやボンドを切り離していきます。ノコギリで切るようなイメージで左右に動かしてください。

鏡をカットして取り外す場合

ピアノ線でうまくはずことができない場合は、鏡をカットする方法がオススメ。ガラスカッターを使用して鏡をカットしていきます。

片長チャンネル交換方法-ガラスカッター

鏡の破片で床などが傷つかないよう、ダンボールなどを敷いておきましょう。

片長チャンネル交換方法(4)

ガラスカッターを使用して鏡に網目状の切れ目を入れていきます。写真のように赤の点線に沿ってカットしていきましょう。最初から最後まで止めずに一気にカットすると失敗なく綺麗に割れますよ。

片長チャンネル交換方法(5)

切れ目を入れたら、裏側にドライバーを入れて鏡に亀裂を入れていきます。ハンマーなどで叩いても亀裂を入れることができますよ。ドライバーで亀裂を入れる際は、カットした線の裏面真下に合わせるのが上手く割れるコツです。

少しずつ鏡を取り外していきます。

マットやボンドが貼り付いて剥がれない場合は?

ミラーマットやミラーボンドが貼り付いてうまく剥がせない場合はヘラなどを使用して剥がすのがオススメです。

片長チャンネル交換方法(14)

2. 壁に残ったミラーマットやボンドを切り取る

新しい鏡を貼る前に、壁に残ったミラーマットやミラーボンドをカッターで綺麗に剥がしていきます。浴室の壁の場合は、ノリ剥がしのクリーナーなどを使用すると綺麗に落とすことができますよ。

壁紙がある場合は、壁紙ごと剥がしてしまっても問題ありません。

3. 新しい鏡を貼る

こちらの「速乾ボンド」「ミラーマット」「ミラーボンド」を使用して鏡を取り付けていきます。

片長チャンネル交換方法(19)

1. 速乾ボンド塗る 2. ミラーマットを貼る 3. ミラーボンドを塗る
片長チャンネル交換方法(20) 片長チャンネル交換方法(21) 片長チャンネル交換方法(22)

ミラーボンドはピンポン球ほどのサイズで、ミラーマットの厚みより厚く塗ってくださいね。これで鏡を取り付ける準備ができました。

片長チャンネル交換方法(23)

鏡を慎重に貼っていきましょう。鏡を抑えてしっかりマットに貼り付けてください。最後に上側のチャンネルを下ろして鏡を固定すれば、取り付け完了です!

片長チャンネル(26)

片長チャンネルも交換したい場合は?

片長チャンネルも錆びてしまっているので、新しいものに交換したいと言う場合は、鏡に合わせたオーダーサイズでの片長チャンネルの製作も可能ですよ。お気軽にご連絡ください!

片長チャンネルの取り付け方はこちら!
ジムや浴室の鏡にオススメ!「片長チャンネル」を使用した鏡の取り付け方法

片長チャンネルを使用した鏡の取り付け方法について紹介しています。片長チャンネルは、ドライバー1本で取り付けが可能ですので、ご自宅に特別な道具がなくても簡単に施工ができますよ。

鏡の交換についてお考えの方は、お気軽にご相談ください!

いかがでしたでしょうか。今回は、片長チャンネルを使用されている場合の鏡の交換方法をご紹介しました。片長チャンネルは、鏡の断面の保護にもなり、仕上がりもすっきりとして綺麗なため人気の金具です。鏡の交換をお考えの方で片長チャンネルが使われているといる場合は、交換時の参考にお役立てください!交換方法についてご不明な点、気になることがある場合はお気軽にご連絡ください。

OOKABE GLASS では鏡をお客様のご希望のサイズで製作・販売しています。規格サイズのガラスミラーの場合、より安い価格・より短い納期でお届けします。鏡の購入をご検討の場合はこちらのお電話番号(0120-12-5509)までお問合せください。ご相談やご質問もお気軽にどうぞ。鏡の専門スタッフが誠意をもって対応させていただきます。

DIY好きの方、施工代金を節約したいとお考えの方は、鏡と取り付け部材の代金だけで、お得に大型ミラーを取り付けてみませんか?