割れた鏡・ガラスの捨て方

割れた鏡やガラスってどうやって処分するの?

今回ご紹介するのは、施工時に誤って鏡を割ってしまったという工務店様の事例です。弊社にて新しい鏡をご用意しましたが「割れてしまった鏡やガラスはどうすればいいの?」とのご質問。下記の方は、ご覧ください。

  • 「割れた鏡やガラスを家庭ゴミに出せるのか知りたい…」
  • 「割れた鏡やガラスの特別な処分方法があるのか知りたい…」
鏡の施工時に誤って割ってしまった
施工中に割ってしまった鏡を再注文したいご相談
割れた鏡を処分するには、どうすれば良い?

鏡やガラスの処分方法は自治体によって異なります

鏡やガラスを処分する場合、自治体によって「燃えないゴミ」か「粗大ゴミ」かが異なるのでお住まいの地域に合わせてゴミに出してください。各自治体で配布されているゴミの分別表に詳しく記載されています。

鏡やガラスなどの処分方法は、自治体によって異なる
鏡やガラスの処分方法は各自治体で配られるゴミの分別表に表記されている

鏡やガラスを「燃えないゴミ」で処分する場合

燃えないゴミの場合は、新聞紙や紙袋に包んで袋の外からも見える場所に「ガラス」「キケン」「割れ物」など注意書きをしておきましょう。鏡やガラスは細かく割れている場合、不燃ゴミに出すことができます。割れていない鏡やガラスを捨てたい場合は、自分で割ってからゴミに出してくださいね。割る際はケガをしないよう注意してください。

鏡やガラスを「粗大ゴミ」で処分する場合

重さが5キロを超えるもの、サイズが大きいものは粗大ゴミとなります。粗大ゴミの場合は、自治体に引き取りにきてもらう収集資源センターに持ち込みする必要があります。自治体に連絡して指示に従ってください。粗大ゴミの場合は、手数料がかかります。